025 世界はインフレ、日本は物価停滞

1. 他の先進国の状況は!?

前回は、主要国の名目GDP、実質GDPの成長率、輸出対GDP比、賃金対GDP比の推移を見ながら、日本の状況がいかに主要国と異なっているかを取り上げてみました。
今回はせっかくなので、他の国の状況についても取り上げてみます。

GDP成長率・輸出対GDP比・賃金対GDP比 フランス

図1 GDP成長率・輸出対GDP比・賃金対GDP比 フランス
(OECD 統計データ より)

GDP成長率・輸出対GDP比・賃金対GDP比 カナダ

図2 GDP成長率・輸出対GDP比・賃金対GDP比 カナダ
(OECD 統計データ より)

GDP成長率・輸出対GDP比・賃金対GDP比

図3 GDP成長率・輸出対GDP比・賃金対GDP比 イタリア
(OECD 統計データ より)

まずは、G7各国です。
フランス、カナダ、イタリアのグラフを示しました。

名目GDP、実質GDPは2003年時点を100としての成長率として表現しています。
輸出対GDP比(輸出依存度)、賃金対GDP比(労働分配率に相当)はその年の名目GDPに対する輸出額、賃金総額の割合を示しています。

各国とも2009年のリーマンショックで落ち込みはありますが、年々名目GDPが増加し、実質GDPが緩やかに増加しながら差が開いている状況ですね。
名目GDPに対する輸出額、賃金総額の割合については、以下の通りです。
輸出対GDP比:フランス26→31%、カナダ37→31%、イタリア23→31%
賃金対GDP比:フランス37-38%、カナダ43-44%、イタリア27-29%

イタリアが極端に賃金対GDP比が低い事がわかります。
カナダは輸出対GDP比を年々下げているようです。

また、イタリアは名目GDPが15年間で27%増加していますが、実質GDPはほとんど増えていません。
インフレではありますが、物価の上昇を吸収してさらに実質GDPが増加していくほどは成長が大きくないという事でしょうか。

2. 経済的に低迷していると言われる国でさえ。。

GDP成長率・輸出対GDP比・賃金対GDP比 ポルトガル

図4 GDP成長率・輸出対GDP比・賃金対GDP比 ポルトガル
(OECD 統計データ より)

GDP成長率・輸出対GDP比・賃金対GDP比 ギリシャ

図5 GDP成長率・輸出対GDP比・賃金対GDP比 ギリシャ
(OECD 統計データ より)

G7以外の特徴的な国も見てみましょう。
今回は、ギリシャとポルトガルのグラフを示します。
ポルトガルは比較的低成長で、2008年から成長の鈍化がみられますが2012年あたりから反転して少しずつ成長しています。
この間輸出対GDP比が27→44%と大きく伸びています。
逆に賃金対GDP比は38→35%と他の国と比べて落ち込みが大きいようです。

ギリシャはもっと不安定な印象ですね。
2008年までは順調に成長しているように見えますが、その後は大きく落ち込み、実質GDPのレベルではまだ2003年の水準まで回復していません。

どちらの国も近年輸出の割合を大きくしており、直近ではそれぞれ44%と36%です。

3. 日本だけ、何かがおかしい。。

前回と今回で、色々な国についてGDPに対する輸出・賃金の割合と実質・名目GDPの成長率についてデータを見てみました。
日本の名目GDP、実質GDPの伸びについては、OECD36か国中で名目GDPが6.8%で35位(36位がギリシャ)、実質GDPが13.8%で33位です。

実質GDPについては前回見た通り、デフレ型経済成長で名目GDPよりも実質GDPの伸びの方が大きいといういびつな関係です。
実質GDPが成長しているといっても、その成長率は先進国で低い水準ですね。

輸出対GDP比は先進国で低い内需型経済で、賃金対GDP比は他国並みと言えそうです。

日本の経済状態は何故このように、1国だけ取り残されたような形になっているのでしょうか。
デフレだから、消費税があるから、少子化が進んでいるから、など色々と意見の分かれるところではないでしょうか。

これまで統計データを見ていて思うのは、1つは企業が投資を渋り、人件費を抑制し、内部留保や配当金、投資有価証券に充てている、という日本企業の特徴にあるように思います。
その結果、労働者の所得も上がらず民間消費が停滞し、仕事が増えないという循環が、経済停滞を長引かせているように思います。

もう1つ考えられるのは、企業活動のグローバル化に伴う国内経済の空洞化も大きいのではないでしょうか。
海外進出によって現地生産、現地販売が進めば、その企業の業績は上がるかもしれません。
しかし、その分の仕事が国内に還流しなくなり、国内の労働者や経済は取り残されます。
国内経済の空洞化は、「何故工業立国日本では輸出が極端に少ないのか」という疑問とも符合するように思います。

次回以降で、企業のグローバル化について詳しく考えていきたいと思います。

皆さんはどのように考えますか?

本ブログは、にほんブログ村と人気ブログランキングにエントリーしております。
ランキング上位になりますと、さらなるアクセスアップに繋がります。

本ブログの趣旨にご賛同いただき、応援いただける場合は是非下記バナーをクリックいただき、ランキング向上にご支援いただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 ランキング

人気ブログランキング

小川製作所ブログ
ブログ記事一覧へ

<ブログご利用の注意点>
・本ブログに用いられる統計データは政府やOECDなどの公的機関の公表しているデータを基にしています。
・統計データの整理には細心の注意を払っていますが、不整合やデータ違いなどの不具合が含まれる可能性がございます。
・万一データ不具合等お気づきになられましたら、「お問合せフォーム」などでご指摘賜れれば幸いです。
・データに疑問点などがございましたら、元データ等をご確認いただきますようお願いいたします。
・引用いただく場合には、統計データの正誤やグラフに関するトラブル等には責任を負えませんので予めご承知おきください。

025 世界はインフレ、日本は物価停滞” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。