146 純金融資産と経済成長 - 西・南欧の金融バランスシート

1. 欧州諸国の特徴

前回は、イタリア、フランスや北欧諸国の家計企業政府金融機関海外の主体ごとの純金融資産(Financial net worth: 金融資産・負債差額)を見る事で、金融バランスシート(Financial balance sheets)を可視化してみました。

とても重要な観点だと思いますので、その他のOECD諸国についても眺めていきましょう。ちょっとマニアックな内容が続きますが、もう少しお付き合いください。
今回は欧州諸国で比較的中堅規模の国々を見ていきたいと思います。

純金融資産 ベルギー

図1 ベルギー 純金融資産 推移
(OECD統計データ より)

純金融資産 オーストリア

図2 オーストリア 純金融資産 推移
(OECD 統計データ より)


図1がベルギー、図2がオーストリアのグラフです。
両国とも順調に家計の純金融資産が増えて成長していることがわかりますね。
企業と政府が相応に負債を増やしている事もわかります。
ドイツやフランスなどの主要先進国の状況と似ています。

ベルギーは海外が純金融負債を増やしていますので、海外への投資が超過している国ですね。

オーストリアは2013年頃まで海外が純金融資産プラスでしたので、海外から投資されている国だったようです。
それが2017年頃からマイナスに転じています。
海外からの投資よりも、海外への投資の方が上回り始めているようです。

純金融資産 オランダ

図3 オランダ 純金融資産 推移
(OECD 統計データ より)


図3がオランダのグラフです。
家計の純金融資産が増大していますが、ちょっと他の国々と様子が違いますね。
まず、企業の純金融負債が停滞しています。
このポイントは日本と似ています。

海外が純金融資産プラスから、2011年頃を境に急激にマイナスに転じています。
海外から投資が集まる国から、海外へ投資をする国に急速に変化したという事になります。

海外の純金融負債増大と家計の純金融資産増大が対称に近い形で推移しているのが興味深いですね。
日本と異なるのは政府の純金融負債が増えていない事です。

日本というよりも、ドイツに近い形と言えそうです。

2. 変調しつつあるスペイン、ポルトガル

純金融資産 ポルトガル

図4 ポルトガル 純金融資産 推移
(OECD 統計データ より)

純金融資産 スペイン

図5 スペイン 純金融資産 推移
(OECD 統計データ より)


図4がポルトガル、図5がスペインのグラフです。
イタリアと並んで、経済的に不安視されている国々ですね。

家計の純金融資産が緩やかながらも右肩上がりではあります。
ただし、企業の純金融負債がどちらもリーマンショックのあたりから停滞していますね。

ポルトガルは2009年、スペインは2007年がピークです。
日本と異なるのが、それまでの間企業の純金融負債は増大していたのですが、それに対応して増加していたのが海外の純金融資産です。

この両国は海外からの投資によって、企業が負債を増やしていたと見れそうですね。
それぞれのピークの年から、海外の純金融資産も停滞しています。

一方でその頃から純金融負債を大きく増やしているのが、どちらも政府です。
その分家計の純金融資産が増大している、というバランスになっています。
日本と異なる点は、海外の存在です。

日本は海外の純金融負債も増大しています。
つまり、日本から海外への投資が超過している状況ですね。

一方、ポルトガルもスペインも海外への負債の方が多い状況です。
ただし、近年はその海外への純金融負債も停滞気味です。

海外からの投資から、政府が負債を増やす経済へ転換したように見受けられます。
日本と形は少し似ていますが、海外との関係が異なる点がポイントですね。

3. 変調著しいギリシャ

純金融資産 ギリシャ

図6 ギリシャ 純金融資産 推移
(OECD 統計データ より)


図6がギリシャのグラフです。

大分ギザギザした不思議な状態ですね。
細かく見ると、①~1999年、②1999~2002年、③2002~2007年、④2007~2011年、⑤2011年~と、傾向が切り替わっているように見えます。

全期間を通じて家計の純金融資産がアップダウンしながら、全体としては停滞している事が特徴的です。
企業の純金融負債も同様にアップダウンしながら全体としては停滞しています。

その代わり、海外の純金融資産と政府の純金融負債が増えています。

典型的な国(アメリカやカナダ、スウェーデンなど)では家計のプラスと企業のマイナスが対称的に増え続ける傾向ですが、ギリシャの場合はそれが海外のプラスと政府のマイナスとなっている点が大変興味深いです。

4. 改めて日本の状況を振り返ると・・・

純金融資産 日本

図7 日本 純金融資産推移
(OECD 統計データ より)

しつこいですが、図7が日本のグラフです。

スペイン、ポルトガル、ギリシャと異なるのは海外に対して純金融資産を持っているという点ですね。
これは主に企業の対外直接投資や政府・金融機関の対外証券投資によるものと考えられます。

現在のところ、日本にとって海外とはむしろ「投資をする対象」のようです。

ただし、日本は企業の純金融負債が目減りしていて、家計の純金融資産の増加も緩やかです。
かなり特殊な経済の形である事は確かなようです。

皆さんはどのように考えますか?

本ブログは、にほんブログ村と人気ブログランキングにエントリーしております。
ランキング上位になりますと、さらなるアクセスアップに繋がります。

本ブログの趣旨にご賛同いただき、応援いただける場合は是非下記バナーをクリックいただき、ランキング向上にご支援いただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 ランキング

人気ブログランキング

小川製作所ブログ
ブログ記事一覧へ

<ブログご利用の注意点>
・本ブログに用いられる統計データは政府やOECDなどの公的機関の公表しているデータを基にしています。
・統計データの整理には細心の注意を払っていますが、不整合やデータ違いなどの不具合が含まれる可能性がございます。
・万一データ不具合等お気づきになられましたら、「お問合せフォーム」などでご指摘賜れれば幸いです。
・データに疑問点などがございましたら、元データ等をご確認いただきますようお願いいたします。
・引用いただく場合には、統計データの正誤やグラフに関するトラブル等には責任を負えませんので予めご承知おきください。

146 純金融資産と経済成長 - 西・南欧の金融バランスシート” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。