138 政府支出を比較してみる - 公的需要の国際比較

日本では政府最終消費支出が増加していて、公的総資本形成が減少しています。両者を合わせた公的需要(政府支出)について国際比較してみます。

1. 政府支出とは

前回は、GDP支出面の項目のうち、政府最終消費支出についてご紹介しました。
日本は、総資本形成が減り、家計最終消費支出が停滞する一方で、政府最終消費支出が増えています。

国際比較してみると、どうやら元々の水準が低めで、増大と共に現在は先進国平均並みといった具合のようです。
総資本形成は、極端にに大きな水準から減少して、現在は先進国並みとなっているようですので、近年ではちょうど双方が先進国平均並みの水準となったようなタイミングです。

今回は、総固定資本形成(公的)と政府最終消費支出を合わせた、公的需要(政府支出)についてご紹介したいと思います。

今回はOECDデータベースのうち、Government expenditure by Functionの数値を参照します。
このデータベースでは、政府の支出について政府最終消費支出、総資本形成、社会保障費用の区分ごとに公開されています。

基本的には社会保障費用も含めた支出の合計値が、政府支出として扱われるのが一般的なようですが、今回は政府最終消費支出(Final consumption expenditure)と総資本形成(Gross capital formation)を合計したものを政府支出として扱います。

2. 1人あたりの政府支出の国際比較

政府支出 1人あたり 2019年

図1 政府支出 1人あたり 2019年
(OECD 統計データ より)

図1が政府支出の1人あたりドル換算値(為替レート換算)です。
2019年の水準比較となります。

日本は9,734ドルで、アメリカ、フランス、ドイツより少なく、イギリス、イタリア、韓国より多い水準です。
OECD30か国中17番目で、平均よりやや少ないくらいです。

やはり、ノルウェー、スウェーデンなどの北欧諸国や、ルクセンブルクなどの国が上位を占めますね。
次いでG7各国と韓国、東欧諸国といった順番となっています。

3. 1人あたりの政府支出の推移

つづいて、1人あたりの政府支出について推移を見てみましょう。

政府支出 1人あたり

図2 政府支出 1人あたり 推移
(OECD 統計データ より)

図2が主要国についての推移のグラフです。

1990年~2000年代前半までは日本が過度に大きな時期がありましたが、それ以外は日本はほぼ他の主要国並みの水準ですね。
韓国が順調に増大し、イタリアが2007年頃から減少傾向のようです。

日本は、政府支出としては一時期を除いて平均並みと言えそうです。

4. 対GDP比の政府支出の国際比較

それでは、もう一つの指標として、対GDP比についても見てみましょう。

政府支出 対GDP比 2019年

図3 政府支出 対GDP比 2019年
(OECD 統計データ より)

図3が対GDP比の国際比較のグラフです。

やはり上位は北欧諸国が多いですね。
ノルウェー、スウェーデンはは30%を超えます。
次いでフランスが26.6%と高い水準です。

日本は24.0%と15番目に多い水準ですね。
OECDの平均値23.5%よりもやや多いようです。

逆にアメリカは金額としては日本よりも大きかったですが、対GDP比では17.4%にまで小さくなります。
1人あたりGDPの格差がそれだけ大きい事もありますが、アメリカは家計消費が圧倒的に大きいのでその影響もありそうですね。

イタリアも20.9%とかなり割合が小さい部類に入ります。
イタリアの場合は、経済が停滞し、政府支出を抑えている影響と考えられそうです。

緊縮財政で知られるドイツは22.7%で日本より下位に位置しますが、そこまで少ないわけではないようです。

5. 対GDP比の政府支出の推移

政府支出 対GDP比

図4 政府支出 対GDP比
(OECD 統計データ より)

図4が対GDP比の主要国の推移グラフです。

アメリカは低い水準が続いていますが、概ねどの国も横ばい傾向です。
日本と韓国はやや増加傾向のようです。

日本はGDPが停滞している分だけ、対GDP比はやや高めになっていると考えられます。

6. 政府支出の特徴

今回はOECDのデータから政府支出についてフォーカスしてみました。
日本の政府支出は平均並みとなります。
現在までのところ、政府もそれなりに支出をしていると言う事ですね。

通常、政府支出を国際比較しようとすると、社会保障費用等を含んだ政府支出(General Government Spendingまたは、General Government Total Expenditure)が一般的なようです。

次回はIMFのデータから政府の収入と支出、収支について取り上げていきたいと思います。

皆さんはどのように考えますか?

本ブログは、にほんブログ村と人気ブログランキングにエントリーしております。
ランキング上位になりますと、さらなるアクセスアップに繋がります。

本ブログの趣旨にご賛同いただき、応援いただける場合は是非下記バナーをクリックいただき、ランキング向上にご支援いただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 ランキング

人気ブログランキング

小川製作所ブログ
ブログ記事一覧へ

<ブログご利用の注意点>
・本ブログに用いられる統計データは政府やOECDなどの公的機関の公表しているデータを基にしています。
・統計データの整理には細心の注意を払っていますが、不整合やデータ違いなどの不具合が含まれる可能性がございます。
・万一データ不具合等お気づきになられましたら、「お問合せフォーム」などでご指摘賜れれば幸いです。
・データに疑問点などがございましたら、元データ等をご確認いただきますようお願いいたします。
・引用いただく場合には、統計データの正誤やグラフに関するトラブル等には責任を負えませんので予めご承知おきください。