精密機械部品の設計や調達担当者様向けに、合理的な製造が可能となるような設計支援を行っています。
設計アドバイス、3Dモデル作成、2D図面作成など、よりスムーズな製造への移行をお手伝いいたします。

3Dデータ編集・NCプログラム作成

3Dモデルデータから、切削加工用のNCプログラムを作成いたします。
御支給いただいた3Dモデルデータは場合により面の一部欠損が生じる場合があります。
欠損箇所の確認及び修正をいたします。

また、形状加工用のNCプログラム作成過程において、場合によっては3Dモデルデータの穴形状を塞ぐ必要が生じます。

これらの事前の3Dデータ編集は、当社で提供する設計支援サービスの一環として承ります。

面の欠損データ修正
面の欠損データ修正
穴埋め
穴形状の穴埋め処理

また、NCプログラムの作成のみのご依頼も可能です。
(ポスト処理などについては、使用する加工機によって対応できない場合もございます)

粗加工データ              仕上げ加工データ

3Dモデルデータの作成

2D図面→3Dモデル

2次元図面をご支給いただき、弊社で3Dモデルデータを作成し、提出させていただきます。
3Dモデルデータは製造用に必要な場合や、カタログ作成、組立検証、CAEなど様々な用途でご活用いただけます。

受け入れ可能な2次元データと、提出可能な3Dモデルデータのフォーマットは下記のとおりです。

標準標準外
受入フォーマット(2D)紙図面、PDF、DXF、DWG画像ファイル(BMP、JPEG等)
イラストレータファイル(AI) 他
提出フォーマット(3D)STEP、IGES、STLParasolid (x_t, x_b)
CATIA V5 (CATPart, CATProduct)

※ 標準外のフォーマットは、CAD同士の相性などがあるため事前に双方で取り扱い可能か確認が必要です。

<関連技術>

3D設計

3D設計事例

お客様のイメージを「カタチ」にするのが当社の仕事です。

3D 設計によって、お客様のイメージを「見える化」し、立体的に形状と機能を視覚的に把握頂き、ともすると分かりにくい技術的な課題についても直感的に理解できるように努めています。

リバースエンジニアリング

フィルムスリッター

本来、モノづくりを本業としている当社だからこそ、「実際に作れる」リバースエンジニアリングが可能です。
モノを作るために必要なポイントを押さえた上で、最終的な製作図面を作成いたします。

2D図面データの作成

3D→2D

3Dモデルデータをご支給いただき、2D図面を作成し提出させていただきます。
図枠にご指定があれば、ご指示ください。
ご依頼主様の専用図枠があれば、CADデータ(DXF、DWG)をご支給下さい。

公差の指示がありましたら、事前にご指示ください。

標準標準外
受入フォーマット(3D)STEP、IGES、STLParasolid (x_t, x?b)
CATIA V5 (CATPart, CATProduct)
ProE (prt, asm)
Solid Edge (par, asm, psm)
Solid Works (sldprt, sldasm)
提出フォーマット(2D)紙図面、PDF、DXF、DWG画像ファイル(BMP、JPEG等)
イラストレータファイル(AI) 他

設計アドバイス

機械系設計とあらゆる部品製造を行っている当社だからこそ設計サイドと製造サイド双方の事情を踏まえたうえで、合理的なご提案が可能です。
製造方法を鑑みた上で、多品種少量生産に特化した技術的なアドバイスをさせていただきます。

隅Rの設定
アンダーカットの回避
穴加工の基本

例えば、切削部品では溝の深さと隅アールの比率は1:10以内とする、板金部品では曲げ形状の両サイドに切り欠きを設けるなどの加工上留意すべきポイントが随所にあります。
このようなポイントを知らずに出図し、見積もりのたらい回しにあったり、製造現場から「こんなんじゃ作れない!」と突き返されたりといった事例が後を絶ちません。

当社では設計と製造双方に精通した営業技術担当者が、製造に入る前に事前に図面を精査し、合理的な設計内容をご提案差し上げますので、安心して製造に移ることが可能です。

機械部品の設計者が気を付けるポイントにつきましては、ミスミmeviyのサイト内でも連載記事としてまとめてありますので是非ご一読ください。