Japanese / English

撹拌子とは

撹拌子とは、理化学装置や食品加工機械で、対象物をかき混ぜて撹拌するための部品です。
主に回転運動により対象物を効率よく撹拌できるように設計されます。

当社では、溶接式、切削式、鋳造式の撹拌子の製作が可能です。
ステンレス製の場合は、全周溶接した後、バフ研磨加工仕上にてご提供いたします。

必要に応じて電解研磨にも対応させていただいております。

溶接式撹拌子

食品機械や理化学装置用の溶接式撹拌子の製作に多くの実績があります。

シンプルな平面型撹拌子だけでなく、立体型や螺旋型の撹拌子も製作可能です。
一般的なステンレス(SUS304)だけでなく、SUS316でも製作いたします。
バフ研磨仕上げですので、食品機械だけでなく、医療や理化学装置向けなど幅広くご利用いただいております。

溶接式撹拌子は、中心軸を合わせるために高い職人技術が必要とされますが、当社では長年培った職人技とデジタル技術を組み合わせる事で高精度な撹拌子の製作を可能としています。

平面型撹拌子

平面型撹拌子

立体型撹拌子

立体型撹拌子

リボン型撹拌子

リボン型撹拌子

スクリュー型撹拌子

スクリュー型撹拌子

もちろん、溶接部はビードカットの上研磨仕上げをいたします。
ご要望によっては、その後電解研磨処理を追加する事も可能です。

ビードカット

ビードカットとは

ビードカットとは、溶接の肉盛り部分を削って滑らかな面に仕上げる加工です。
食品機械や医療・理化学・半導体関連では、溶接の肉盛りが露出したままだと付着物が容易に除去できないため、ビードカットと研磨加工が必要となります。

切削式撹拌子

5軸加工をはじめとする切削加工技術を駆使することで、下図のような様々な要素を組み合わせた撹拌子を実現可能です。
同軸度など精度要求のシビアな精密撹拌子製作は是非お任せください。

もちろん、機械加工面に対してもバフ研磨仕上げにてご提供可能です。

切削式撹拌子 例1

切削式撹拌子 1

切削式撹拌子 例2

切削式撹拌子2

鋳造式撹拌子

溶接や切削だけでなく、ロストワックス等による鋳造式の撹拌子も製作可能です。
ロストワックスはステンレス、アルミ合金での対応が可能です。
当社のバフ研磨技術で、鋳肌から#400研磨仕上げまで一貫して対応することができます。

撹拌子の製作に関するお問い合わせ

当社の撹拌子の製作についてご不明な点やご要望がございましたら、下記よりお気軽にお問い合わせ下さい。

<お問い合わせ先>
株式会社⼩川製作所
営業・技術担当 ⼩川宛
TEL: 03-3657-4196
FAX: 03-3673-4755
Mail: info@ogawa-tech.jp