日本の経済統計と転換点
170 日本製造業の歪なグローバル化

日本製造業のグローバル化についてフォーカスします。日本の製造業は、自国企業の海外進出(流出)は大きく進んでいますが、他国企業の日本への進出(流入)が極端に少ないグローバル化が進んでいます。ドイツやアメリカなどは双方向的なグローバル化なのに対して、流出一方に偏った極めて歪な「日本型グローバリズム」ともいえる状況です。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
108 日本型グローバリズムを考える

日本の政府統計から、日本企業の海外進出についてグラフ化してみます。現地法人の企業数、従業者数、売上高、利益いずれも右肩上がりで増大しています。日本へのビジネスの流入がほとんどなく、流出一方の日本型グローバリズムの実態を感じていただけると思います。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
105 日本経済を好転させる鍵とは?

ブログを始めたきっかけと、狙いについて改めてまとめてみます。これから日本経済が再生していくには、中小企業経営者が、学び投資して、付加価値のある事業を創り、労働者に分配していくという、「普通の経済活動」を思い出す必要があるのではないでしょうか。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
049 グローバルビジネスで失うもの

ある企業の決算情報から、グローバルビジネスの実態を可視化します。設備投資や雇用も海外拠点が優先され、国内は停滞しています。そして海外で利益を上げて、国内本社に還流させる仕組みとなっているのです。自社の関係者以外にはほとんど経済的なメリットが享受できない仕組みとも言えるかもしれません。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
048 グローバル化と国益の関係

ある企業の決算報告書を実例に取りながら、グローバルビジネスと国益の関係を考えます。日本企業の海外進出によるグローバル化により、ビジネスそのものが日本国内から流出していますが、海外でのビジネスの成果は日本の税収として還流するのでしょうか。海外進出の支店と現地法人の2つの形態について、税金との関係を見える化します。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
047 実例で見るグローバリズム

ある企業の決算データから、日本型グローバリズムの実例を可視化してみます。国内での生産や販売が頭打ちになる中、海外へ活路を求める戦略により利益を増大させ、配当金を増やす仕組みとなっています。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
031 日本型グローバリズムの正体

企業の海外展開ばかりで、外資企業の日本進出が極めて少ないという流出一方の特徴を持つ「日本型グローバリズム」について、より詳細な統計データを見ていきます。日本経済において、日本型グローバリズムによって失われたものとは何でしょうか。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
030 日本型グローバリズムの急進展

世界の経済がグローバル化していると言われています。企業の多国籍化=グローバリズムについて取り上げます。日本は企業活動の流出(Outward)が急増しているのですが、国内へのビジネスの流入(Inward)がほとんどありません。他の先進国が双方向的なのに対して、流出に偏る日本型グローバリズムというべき状況です。

続きを読む