049 自動車産業の設備投資 - 資産・負債と純資産

日本の自動車産業は、日本経済の中でも重要な基幹産業と言えますが、投資や資産・負債の状況について可視化してみると意外な事実がわかります。

1. 自動車産業の資産・負債・純資産

前回は、自動車産業の売上高や労働者、生産性などのフロー面についてご紹介しました。
今回は、資産・負債などのストック面と設備投資についてご紹介していきます。

まずは、ストック面の推移です。

日本 自動車産業 資産・負債・純資産

図1 日本 自動車・同付属品製造業 資産・負債・純資産
(法人企業統計調査 より)

図1が自動車産業(自動車・同付属品製造業)の企業の、資産、負債、純資産の推移をまとめたものです。
資産がプラス側、負債がマイナス側で表現しています。

まず、1990年のバブル崩壊までは資産(青)も負債(赤)も対称的に増えていきますが、バブル崩壊後はやや成長が鈍化しています。

ただし、基本的にはどちらも増加傾向が続いていますね。
純資産(緑)も右肩上がりに増大が続いています。

一方で、停滞しているのが、資産側の有形固定資産(土地以外、薄緑)と、借入金(ピンク)です。
国内での投資を増やしていれば、これらは増加が続くはずなのですが、1990年代前半から横ばいが続いている状況ですね。

一方で増え続けているのが投資有価証券です。
投資有価証券は、株式、公社債、その他の有価証券の合計値です。
この投資有価証券には、対外直接投資による外国子会社の株式(再投資分含む)も含まれるかもしれませんね。

自動車産業は好調で、利益も増え、純資産も増えていますが、残念ながら国内での活動は停滞(あるいは縮小)していると見た方良いようです。

2. 自動車産業の設備投資

続いて、自動車産業の国内での設備投資を見てみましょう。

日本 自動車産業 設備投資

図2 日本 自動車・同付属品製造業 設備投資
(法人企業統計調査 より)

図2が日本の自動車産業の設備投資の推移です。

バブル崩壊に向けて大きく増大し、その後急減してアップダウンを繰り返しています。
リーマンショックで落ち込んだ後増加傾向が続いていますが、コロナ禍でまた減少傾向となっています。

合計してみると、2兆円前後でアップダウンしているような状況ですね。

リーマンショック以降、増加傾向が続いてきたとも見て取れますし、2015年頃になってやっとリーマンショック前の水準に回復したとも読み取れそうです。

少なくとも国内での設備投資が増えているわけではなさそうです。

3. 自動車産業のストック面での特徴

今回は、日本の自動車産業のストック面と設備投資について眺めてみました。

自動車産業は利益が増え、純資産も増えていますが、その多くは投資有価証券の増加によるもののようです。

もちろん、いわゆる証券投資と言われるような投資もあると思いますが、海外も含め子会社の株式取得(直接投資)も多いのではないでしょうか。

いずれにしろ、国内事業への投資は限定的で、継続的に増えているわけではないようです。
これは資産面の有形固定資産が停滞している事でもわかりますね。

今後自動車産業は、海外事業ばかりになっていくのか、国内生産が戻っていくのか、行く末が気になるところです。

皆さんはどのように考えますか?

本ブログは、にほんブログ村と人気ブログランキングにエントリーしております。
ランキング上位になりますと、さらなるアクセスアップに繋がります。

本ブログの趣旨にご賛同いただき、応援いただける場合は是非下記バナーをクリックいただき、ランキング向上にご支援いただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 ランキング

人気ブログランキング

小川製作所ブログ
ブログ記事一覧へ

<ブログご利用の注意点>
・本ブログに用いられる統計データは政府やOECDなどの公的機関の公表しているデータを基にしています。
・統計データの整理には細心の注意を払っていますが、不整合やデータ違いなどの不具合が含まれる可能性がございます。
・万一データ不具合等お気づきになられましたら、「お問合せフォーム」などでご指摘賜れれば幸いです。
・データに疑問点などがございましたら、元データ等をご確認いただきますようお願いいたします。
・引用いただく場合には、統計データの正誤やグラフに関するトラブル等には責任を負えませんので予めご承知おきください。