日本の経済統計と転換点
労働生産性 推移
204 労働の価値が低い日本のビジネス

労働時間当たりの労働生産性、平均時給についてフォーカスしていきます。日本は年間の生産性や給与水準では他の主要国と比較しても見劣りはするもののそこまでの差はありません。一方で、ドイツやフランスと比較すると労働時間が長い分、時間あたりの生産性や時給にすると大きな差があるようです。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
1人あたり付加価値 平均給与 労働分配率
203 先進国の「稼げる産業」とは

1人あたりGDP、平均給与、労働分配率について、産業ごとに各国比較してみます。日本は情報通信業や金融業などの生産性の高い産業では平均給与が高いながらも抑え気味で、建設業や農林水産業など生産性の低い産業の平均給与は高めで産業間の給与格差が小さいという特徴がありそうです。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
産業別 1人あたり付加価値 日本
200 「生産性」の高い産業は何か!?

主要国の産業別GDPと労働者数から、産業別の労働生産性を計算してみます。金融業、情報通信業、工業の労働生産性が高く、一般サービス業や公務・教育・保健の労働生産性が低いという共通点が見えてきます。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
日本の法人企業 労働生産性
121 「労働生産性」って何だろう?

日本は「労働生産性」が低いと言われていますが、そもそも労働生産性とは何でしょうか?労働者が時間あたりに稼ぐ付加価値=労働生産性として、日本企業の労働生産性を可視化ます。直近では、中小零細企業で3,200円/時間程度、大企業で8,200円/時間程度、平均で4,300円/時間程度のようです。OECDの中では下位に属します。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
平均労働時間
120 日本人の長時間労働は過去の話?

日本の労働者は長時間労働が問題だ、というイメージがありますが、現在の状況はどうでしょうか?非正規雇用等も含みますが、現在日本人の平均労働時間は1,644時間と先進国の中でも短い方です。非正規雇用等短時間の労働者が増えているためと考えられますが、一方で長時間労働を強いられている人も多くいますね。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
中小企業 対人口比
019 日本の中小企業は本当に多いのか!?

日本の中小企業は数が多いため、日本経済発展の足を引っ張っているという専門家の話も聞くようになりました。本当に日本の中小企業は多すぎるのでしょうか?OECDの経済統計データから、人口当たりの中小企業数について比較してみます。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
製造業 企業規模別 シェア
EX01 製造業の付加価値とは

製造業の規模別の付加価値や生産性について考えてみます。中小企業は生産性が低いと言われますが、製造業では他の産業に比べて中小企業でも高い生産性がある事がわかります。ただし、それ以上に企業間の格差もあるようです。

続きを読む