024 日本は本当に輸出依存国か!?

1. 日本経済の推移を可視化してみよう

前回は、内閣府の国民経済計算の統計結果から、日本のGDPと輸出依存度の推移を示しました。
日本のGDPは停滞していて輸出依存度はGDPの18%程度である事、物価が下落して停滞しているため実質GDPは成長していることがわかりました。
今回は、国際比較をすることで、この日本の状況がレアケースなのか、一般的なのか、確認してみたいと思います。
今回はOECDの統計データを取り上げます。

GDP成長率・輸出対GDP比・賃金対GDP比

図1 日本 GDP成長率・輸出対GDP比・賃金対GDP比の推移
(OECDデータより)

まず、図1に2003年から2018年の日本の名目GDP、実質GDPの成長率、輸出対GDP比、賃金対GDP比の推移を示します。
名目GDP、実質GDPは2003年の数値を100としています。

実質値を表現する場合は、評価する基準の年を統一したほうが見やすくなるため、今回はこのようにしてみました。
輸出対GDP比、賃金対GDP比は各年の名目GDPに対する割合を示します。

着目したいのが、名目GDPと実質GDPの成長率です。
日本は名目GDPの伸びに対して、実質GDPの伸びが高く差が広がっているように見えます。

輸出対GDP比は12→18%に増加、賃金対GDP比は42~43%でほぼ一定の割合で推移しています。
2012年以降名目GDPは微増していますので、賃金の総額も微増していると考えてよさそうです。
(ただし、労働参加率が上がっているため一人あたりの所得がピークよりも減少しているのは、これまで見た通りです)

2. 他の先進国は適度なインフレ

GDP成長率・輸出対GDP比・賃金対GDP比 アメリカ

図2 アメリカ GDP成長率・輸出対GDP比・賃金対GDP比の推移
(OECDデータより)

GDP成長率・輸出対GDP比・賃金対GDP比 ドイツ

図3 ドイツ GDP成長率・輸出対GDP比・賃金対GDP比の推移
(OECDデータより)

GDP成長率・輸出対GDP比・賃金対GDP比 韓国

図4 韓国 GDP成長率・輸出対GDP比・賃金対GDP比の推移
(OECDデータより)

GDP成長率・輸出対GDP比・賃金対GDP比 イギリス

図5 イギリス GDP成長率・輸出対GDP比・賃金対GDP比の推移
(OECDデータより)

図2~5までに、同じように整理したデータについて主要国の同様のグラフを示します。

2003年からの名目GDPの伸びはアメリカ79%、ドイツ53%、韓国121%、イギリス69%です。
実質GDPの伸びはアメリカ34%、ドイツ25%、韓国68%、イギリス25%です。
各国とも名目GDPの伸びに対して、実質GDPは名目GDPとの差が緩やかに広がる形で上昇しています。
つまり適度なインフレ状態だという事がわかりますね。

日本は名目GDP7%、実質GDP14%の伸びで、名目GDPに対して実質GDPの伸びの方が大きいです。
つまりデフレ状態ですね。
これはグラフで赤い線と青い線の位置関係が日本だけ逆になっている事で確認できます。

こうやって他の国と比較してみると、いかに日本の状態が「異常」であるかがよくわかります。

3. 日本はむしろ内需型経済

GDPに対する輸出額の割合も見てみましょう。
日本12→18%に対して、アメリカ9→12%、ドイツ41→42%、韓国38→39%、イギリス23→30%です。
アメリカは極端に割合が低いですが、その他の主要国は日本よりも明らかに大きな数値です。
ドイツ、韓国はまさに輸出に大きく依存していると言っても良いかもしれません。

輸出対GDP比 2018年

図6 輸出対GDP比 2018年
(OECD統計データ より)

2018年のOECD各国について輸出対GDP比をまとめたのが図6です。

ドイツや韓国以上に輸出対GDP比の大きな国はたくさんある事がわかりますね。
ルクセンブルク227%、アイルランド120%、東欧諸国は軒並み80~100%程度の数値です。
その他の国も概ね20%台後半以上の割合です。

日本とアメリカだけ突出して低い数値です。
日本は輸出依存国か?という問いに対しては、むしろ逆で日本は現在の状況では明らかに内需型経済の国です。

ただし、輸出対GDP比は少しずつ増えていますので、GDPを増やすという意味で輸出が大きく存在感を示していく可能性もありますね。
例えば自動車産業など、本来輸出産業が、現地生産化によってどの程度GDPに影響を及ぼしているか、今後取り上げてみたいと思います。

もちろん日本はこのように輸出依存度の低い内需型経済と言えますが、貿易を軽視して良いわけではありませんね。
資源や食料など輸入に頼らなければいけないですし、いわゆる加工貿易も主要な産業の1つのはずです。

4. 日本経済の特徴とは?

賃金対GDP比も見ていきましょう。
日本42-43%、アメリカ45→43%、ドイツ41-42%、韓国38-39%、イギリス42→41%です。
数字だけ見ると日本は他の国と同じ水準のような感じがしますね。

ただ、この賃金対GDP比はGDPに対する賃金総額の割合です。
名目GDPの上昇に伴って賃金総額を上げていかないと、この数値は同じ水準では推移しません。
つまり、日本はほとんどGDPが増えていないが、賃金割合は一定のためほとんど賃金は増えていないと考えられます。
他の国は名目GDPが増加しているのとほぼ足並みをそろえて賃金が増えている。(だから賃金対GDP比がほぼ一定)

上記をまとめますと、次のようなことが言えると思います。
・ 日本はデフレ期が続いており、かつ名目GDPが増加していない
・ 日本の賃金対GDP比はほぼ一定に推移しており、賃金総額はほとんど増えていない
 (労働参加率を考えれば1人あたりではむしろマイナス)
・ 日本は輸出対GDP比が18%程度であり、他の国と比べると低水準

少しずつ、日本経済の特徴が見えてきたような気がします。

皆さんはどのように考えますか?

本ブログは、にほんブログ村と人気ブログランキングにエントリーしております。
ランキング上位になりますと、さらなるアクセスアップに繋がります。

本ブログの趣旨にご賛同いただき、応援いただける場合は是非下記バナーをクリックいただき、ランキング向上にご支援いただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 ランキング

人気ブログランキング

小川製作所ブログ
ブログ記事一覧へ

<ブログご利用の注意点>
・本ブログに用いられる統計データは政府やOECDなどの公的機関の公表しているデータを基にしています。
・統計データの整理には細心の注意を払っていますが、不整合やデータ違いなどの不具合が含まれる可能性がございます。
・万一データ不具合等お気づきになられましたら、「お問合せフォーム」などでご指摘賜れれば幸いです。
・データに疑問点などがございましたら、元データ等をご確認いただきますようお願いいたします。
・引用いただく場合には、統計データの正誤やグラフに関するトラブル等には責任を負えませんので予めご承知おきください。