日本の経済統計と転換点
014 お金以外の豊かさとは!? 安心・安全編

OECDの統計データを可視化しながら、お金以外の「豊かさ」を探っていきます。
今回は「安心・安全」についてフォーカスします。普段の生活を送るうえで、日本は比較的治安の良いイメージがあると思いますが、実際にはどのように評価されているのでしょうか。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
013 お金以外の豊かさとは!? 教育編

OECDの統計データを可視化しながら、お金以外の「豊かさ」を探っていきます。
今回は「教育」についてフォーカスします。日本の教育はレベルが高いと言われますが、実際には先進国の中でどの程度の水準なのでしょうか。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
012 お金以外の豊かさとは!? 就業率編

OECDの統計データを可視化しながら、お金以外の「豊かさ」を探っていきます。 今回は「雇用率」にフォーカスしてみます。働く人がお金を稼げるだけでなく、誰もが働ける環境というのも豊かさの証と言えるかもしれません。先進国の中で、日本はどの程度の水準なのでしょうか。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
011 お金以外の豊かさとは!? 労働時間編

OECDの統計データを可視化しながら、お金以外の「豊かさ」を探っていきます。 今回は「労働時間」や「余暇時間」についてフォーカスしてみます。長時間労働は日本人労働者の代名詞のようなものでしたが、今はどのような状況でしょうか。先進国の中での水準を可視化してみます。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
010 お金以外の豊かさとは!? 寿命・満足度編

OECDの統計データを可視化しながら、お金以外の「豊かさ」を探っていきます。 今回は「寿命」や「生活満足度」についてフォーカスします。平均寿命は世界一とよく聞きますが、生活満足度の方はどうでしょうか。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
009 みんなが働ける国日本 - 失業率が低ければ良いのか?

平均所得や労働生産性では日本は先進国の中でも平均以下という事が判明しました。このような所得という側面以外に、日本の経済で優れた要素はないのでしょうか。働きたい人みんなに仕事がある事、これも豊かさの証と考えられないでしょうか。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
008 はたして日本は先進国か - 先進国平均未満の現在地

バブルチャートを使って、1人あたりGDPと平均給与の関連性を可視化してみます。1990年代は、先進国の中でも高い水準を誇った日本ですが、停滞が続く中で中程度の立ち位置へと変化してしまっているようです。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
007 「日本は生産性が低い」は本当? - 付加価値生産性の国際比較

OECDの統計データから、日本の労働者の平均所得が低い水準で停滞、凋落してしまった事がわかりました。それでは、日本人労働者の仕事の質はどうでしょうか。日本人は労働者の質が高いと言われます、その指標となる生産性についてフォーカスしてみます。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
006 給与が増えないのは日本だけ? - 唯一停滞する労働者の賃金

労働者の給与は増えず、企業の内部留保と配当金ばかりが増大している日本経済ですが、このような経済状況は日本だけなのでしょうか、他の先進国も同じような状況なのでしょうか。先進国の集まりであるOECDの統計データを可視化して、その立ち位置を確認してみましょう。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
005 増えない人件費 - 付加価値の分配としての賃金

企業の売上が伸びないながらも、利益が増大し、内部留保と配当金が増え続けている状況がわかってきました。一方で抑制されているのが、他ならぬ労働者の人件費ですね。企業活動の粗利である付加価値の分配の内訳を見る事で、その事を確認してみましょう。

続きを読む