日本の経済統計と転換点
323 主要国の貿易相手の変化 - 輸出入額の推移新着!!

日本、アメリカ、ドイツ、中国の相手国別輸出入の推移についてご紹介します。各国で対中国の貿易が増えていますが、アメリカ、ドイツは域内の貿易が大きく拡大している事が窺えます。一方で、日本の対中国依存度は高く、交易条件との関係も強そうです。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
322 世界の貿易額の変化 - 中国の存在感拡大

輸出や輸入の貿易の変化についてご紹介します。世界全体で貿易が増える中、特に中国の拡大が目覚ましいようです。日本は相対的に貿易の規模が小さく、特に輸出でシェアの縮小が顕著なようです。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
321 交易条件の低下する日本 - 貿易の価格面での国際比較

主要先進国の輸出デフレータ、輸入デフレータ、交易条件についての推移をご紹介します。

日本は輸出デフレータが長期にわたり下落していて、交易条件が悪化し続けてきたようです。

各国のエリア的な要因も大きいのかもしれません。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
320 海外との物価の関係 - 輸出物価・輸入物価・交易条件

日本の企業物価指数のうち、輸出物価指数、輸入物価指数についてご紹介します。また両社の比率である交易条件も計算してみました。日本は1980年代後半から輸出物価は下落し、輸入物価が上昇する事で交易条件が悪化し続けていたようです。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
319 企業物価指数って何? - 消費者物価指数以上の長期停滞

国内企業物価指数や生産者物価指数についての長期推移をご紹介します。日本は消費者物価指数に先立って国内企業物価指数が1980年ころから長期間停滞しているようです。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
318 家計の消費は増えている? - 現実個別消費の内訳

現実個別消費の内訳について、国際比較してみます。アメリカは極端に政府の寄与が小さく、北欧諸国やフランス、ドイツは高い水準です。日本は近年で20%程度と、先進国の中では中程度の割合となるようです。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
317 実質的な現実個別消費 - 1人あたりの国際比較

人口1人あたりの現実個別消費について、実質での水準比較をご紹介します。実質値としては日本は低めの水準が続いています。実質成長率も低めながら、フランスと同程度ということになります。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
316 日本の現実個別消費は少ない? - 1人あたりの国際比較

家計の実際に消費した金額である現実個別消費の1人あたりの水準について国際比較してみます。日本の水準は2021年で先進国中位程度の水準のようです。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
315 現実個別消費って何? - 国民の豊かさの指標

家計による現実的、個別的な消費である現実個別消費について解説します。日本の現実個別消費は、家計最終消費が横ばいで、政府個別消費支出が増加しているため、緩やかに増加傾向となっています。全体に占める政府個別消費支出は2割ほどです。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
314 雇用者の労働時間あたり付加価値 - 生産性の国際比較

労働生産性の指標となる、雇用者の労働時間あたり付加価値について国際比較してみました。時間あたりだとドイツ、フランスの水準が高く、更に個人事業主の影響を除外しているためイタリアの水準も高いのが特徴的です。日本は先進国でも低位となります。

続きを読む