日本の経済統計と転換点
企業 固定資産 機械設備 成長率
191「設備投資」の適正水準とは!?

企業の固定資産のうち、機械設備について着目してみます。機械設備は特に製造業での生産性向上には欠かせないものですね。1人あたりの水準で見ると、日本はやはり1990年代に極めて高い水準にありましたが、その後停滞し直近では、アメリカやドイツと同程度となっています。

続きを読む
日本の経済統計と転換点
生産資産 日本
166 フローからストックの停滞へ

1. 資産が増え続けるアメリカ、イギリス 前回までは、住居、機械設備、一般建造物などの生産資産について、1人あたりのドル換算値を比較してきました。日本はいずれの生産資産についても、1990年代後半までは非常に高い水準を保 […]

続きを読む
日本の経済統計と転換点
生産資産 機械設備 1人あたり
164 設備投資に見る生産活動の停滞

企業(特に製造業)の国内生産活動とも密接に関係する機械設備について、OECD各国との1人あたりドル換算値での比較をします。日本は1990年代高い水準を誇りますが、その後の停滞によって現在はOECD平均値と同程度です。日本は工業立国のはずが、機械設備という生産手段が増えておらず、生産活動が停滞している事がわかります。

続きを読む